2018年01月17日

元旦の朝刊 「日に新た」から

 あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。
 15日の月曜日、3学期始業式が行われました。全校児童128名が元気に登校しました。当たり前のようで決して当たり前ではないこと、2018年の最初の式を児童全員で行うことができたことを本当に嬉しく思います。
①.JPG
③.JPG
④.JPG
 始業式では各学年の代表の人が抱負を発表し、各教室では一人一人が3学期のめあてを用紙に書いて、自分の決意を固めました。校長先生の話では、めあての達成のためには「準備」が大切だということを子どもたちに語りかけました。
 「準備」といえば、サッカー日本代表のハリルホジッチ監督が今年ロシアで開催されるワールドカップに向けて語った抱負の中にもありました。予選で格上のチームに勝つためには、完璧な準備をして、完璧な状態で試合を行うことが条件だと話していました。大会で最後まで負けないチームは優勝国しかない、たとえ負けたとしても、一生懸命準備をし、力を出し切れば、私は選手を誇りに思うし、そういう姿を国民に見せたい、と語っていた言葉がとても印象的でした。大げさなようですが、子どもたちにも、自分の目標に向かってあきらめずに挑戦し、そしてそんな自分を誇りに思い、自信をつけていってほしいと願っています。
 最後に私自身の今年の抱負はというと、元旦の朝日新聞に掲載されていたパナソニックの「日に新た」という記事に見つけることができた気がします。目にされた方も多いと思いますが、松下幸之助さんの「この日この朝」からの抜粋でした。新聞にはもっと長い文章が載っているので、機会があったらお読み下さい。 その中の一部を紹介します。

人はさまざま。
 人のさだめもその歩みもまたさまざま。
 さまざまななかに、
 さまざまな計が立てられる。

 そんななかでも大事なことは、
 ことしは去年のままであっては
 ならないということ、
 きょうは昨日のままであっては
 ならないということ、
 そして明日はきょうのままであっては
 ならないということである。
 万物は日に新た。
 人の営みもまた、天地とともに
 日に新たでなければならない。

 憂き事の感慨はしばしにとどめ、
 去りし日の喜びは、
 これをさらに大きな喜びに変えよう。
 立ちどまってはならない。
 きょうの営みの上に明日の工夫を、
 明日の工夫の上に、あさっての新たな思いを。
 そんな新鮮な心を持ちつづけたい。
 そんな思いで、この日この朝を迎えたい。
         松下幸之助「この日この朝」より

 子どもたちの輝かしい未来のために……。今年も宜しくお願いいたします。
                                 (文責:林)
posted by 学校02 at 10:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする