2017年10月31日

ハロウィンとおもてなし

明日からいよいよ11月です。朝のあじバスも3分から8分ほど早く出発しますので、遅れることのないようにお気をつけ下さい。
 さて10月最後の日の今日は、ハロウィンでした。日本人にはもともとあまり馴染みのなかった行事ですが、子どもたちはすなおにハロウィンを楽しんでいるようでした。昼休みに鰺ヶ沢町ALTのローレン先生が仮装をして子どもたちを待っていました。子どもたちはお菓子目当て?で、「トリック オア トリート」とローレン先生に話しかけ、お菓子をもらっていました。子どもたちの思いや目的は様々であっても、外国語に親しむきっかけ、外国の文化に触れるという意味では、楽しみながら学ぶ大切な時間になっていました。

①.JPG
③.JPG
②.JPG

平成32年度からは5・6年生は外国語科という教科が始まり、年70時間勉強します。3・4年生も外国語活動として、年35時間勉強します。従来の技能や知識優先ではなく、コミュニケーションを重視した学習になります。英語が得意ではなくても、文化を楽しむことで、興味を持って学んでいきたいものですね。
 ここからは余談ですが、少しお付き合い下さい。
 ハロウィンは毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のことだそうです。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事でしたが、今では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっているそうです。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習があるようです。
 「トリック オア トリート」(お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ!」)という言葉はもともと悪霊たちのセリフだったそうです。ハロウィンはもともと日本のお盆と似ていて、ハロウィンの時期になるとあの世とこの世を繋ぐ門が開き、霊が行き来出来るようになると信じられていました。亡くなった親族などを迎え入れる訳ですが、同時に悪霊も一緒にやってきて、「我々をもてなせ。さもなくば、次の1年間、お前らを惑わせ困惑した状態にしてやろう」と言うところが由来のようです。
 今では、子供が家を訪ねて、Trick or Treatと言う風習が続いています。
「Trick or Treat」と言われたら、「ハッピーハロウィン(Happy Halloween)」「トリート(Treat)」と答えるのが一般的だそうです。
P.S. 日本のお盆とハロウィンの似ている点を知り、そういえば昔、男鹿市のなまはげ館に行ってお面を見た時に、南米民族のお面にそっくりだ、世界の文化はつながっている、面白いと感じたことを思い出しました。        (文責:林)


posted by 学校02 at 16:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。