2018年06月08日

「からすのパンやさん」はいいね!

今日の集会活動は、健康集会でした。保健委員会の皆さんが、ジュースに入っている砂糖の量を教えてくれました。自分たちがよく飲んでいるものに含まれる砂糖の量を計算して、実際に見せてくれました。これからの季節、飲み過ぎ注意、いい勉強になりました。
健康①.JPG健康②.JPG
昨日、今日と新体力テストがありました。種目は8つあります。握力・上体おこし・長座体前屈・反復横とび・20mシャトルラン・50m走・立ち幅とび・ソフトボール投げです。テスト項目の内容詳細はお子さんにお聞き下さい。縦割り班ごとに各場所に移動してテストをします。昨日は4~6年が自分で記録を測って、今日は1~3年のテスト測定を同じ班の4~6年がお手伝いします。昔は踏み台昇降や連続逆上がりなどがありましたが、今はありません。我々の時には、踏み台昇降をして、心拍数を測る時、なかなか脈を見つけることができなくて焦ったことを思い出します。
握力.JPG体力②.JPG体力③.JPG
今日の朝は「仲良し読書」がありました。いつ見ても温かい光景です。新体力テストも同様ですが、年上(上学年)が年下(下学年)を面倒見ること、当たり前のようで大切なことです。大人の世界も同様です。困っている人を助ける姿は、大人が手本を示さなければいけませんね。
読書①.JPG読書②.JPG読書③.JPG
読書に関連して、今回は、私が好きな本を紹介します。
からす①.jpgからす②.jpgからす③.jpgからす④.jpg

先日教育テレビで「グレーテルのかまど」を見ました。料理をつくる番組なんですが、私はNHKでは、「サラメシ」と、この「グレーテルのかまど」が好きです。
 かこさとしさんの絵本「からすのパンやさん」の世界をもとに、パンを作る内容でした。
 かこさとしさんのからすシリーズには深く学べるところがたくさんあります。例えば「からすのやおやさん」ではたくさん売るための工夫、仕事の大事な要点が含まれ、子どもが大人になって社会で働くとき、必ず考えなくてはならない、経済の基本に関係していることが書かれています。かこさんはからすを通して、子どもたちにいろんなことを、楽しく伝えています。たくさんのパン、たくさんの野菜、お菓子とわくわくする絵の中に、子どもへの願いがある、とてもよい絵本です。
 懐かしさとともに、是非読んで見て下さい。大人が読んでも楽しいです。子どもも大人も同じようにわくわくして読める本にこそ、何か温かくて貴重なことが存在しているような気がします。 (文責:林)

posted by 学校02 at 15:17| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください