2018年07月13日

心を落ち着けて、温かい心で

  1学期も来週の5日間を残すのみとなりました。今週は気温もそんなに上がらず、過ごしやすい日が多かったような気がします。梅雨の影響なのでしょうね。それでも、夏休みに入れば、暑い日が当たり前のようにやってくるのでしょう。個人的には暑い夏は好きなので、曇りより晴れの日が多いことを望んでいます。
  世の中では、西日本豪雨やタイの洞窟救出など、命に関わる出来事がおきています。本校では7月4日の道徳参観日に、AEDの救命講習会を行いました。避難訓練も同様ですが、実際の状況は想像を越える緊迫感があるはずです。状況判断もたくさんの要素から自分の行動を決めないといけません。判断力は落ち着くことが大切だと思います。そのための訓練ということを自覚しながら取り組んでいきたいものです。AEDの操作をするお母さんをじっと見つめる女の子(まだ乳幼児)が印象的でした。帰り際にお母さんに「きっとこの子は救命士になりますね。」と思わず声をかけてしまいました。

1.JPG2.JPG3.JPG

7月に入って、水泳教室が各学年2回ずつ実施されました。今年は新しい内容として、5・6年生が着衣泳の学習に取り組みました。以前の学校でも着衣泳は行ってきましたが、プールの水が汚れる心配もあるので、水を抜く最後の日に服を着て泳ぐ体験のみでした。本校の場合は、町の温水プール施設の方々の協力で、ライフセーバーの方を講師に招いて、1時間の内容で丁寧に学習しました。
  まずは、プールサイドで大の字になり、水中に浮かぶイメージを持ちました。次に水への入り方、そして手を広げて浮くことに挑戦しました。実際はプールのように好条件でないので、波をあまり立てずに浮く方法や、沈まない頭の角度や手の使い方までと、とても詳しく丁寧に教えて頂きました。最後はビート板を使っての動きです。子どもたちは、服がとても重くなることに驚いていました。大きな声をあげて積極的に取り組みながらも、説明を聞く時には真剣な表情に変わりました。水の重さをイメージできたことはとても貴重な経験だったと思います。

1.JPG2.JPG3.JPG4.JPG6.JPG5.JPG

  命を大切にすること、そして、自分だけでなく、他人の命を大切にすること、それは人を思いやること、優しさにつながります。優しい心を育てながら、命を大切にする夏休みの過ごし方を考えさせていきたいと思います。 (文責:林)
posted by 学校02 at 11:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください